バンクイックの金利

バンクイックの金利はどれくらいかかるのか

バンクイックを利用する際気になるのが金利。案内ページには金利が書いてあるけれど、一体それはどういう物なのか。少し簡単に考えてみましょう。

金利というのは銀行などから借りる時に必ずつくもの。色んな表現の仕方があるのですがこれくらい借りたらその借りた分払う分がある、と簡単に覚えておきましょう。

しかし、ここで少し疑問が出てくると思います。案内ページを見ていると借りた額が少ないほど金利が高い。借りた額が多いほど金利が小さい。とても不思議な事です。しかし、これにも理由があります。10万以上で14.6%なんて多いじゃないかとも思うかも知れませんが、この数字はきちんと法律で決められていて決して法外な数字ではありません。逆に大きい額で金利が少なくともその分同じくらい金利を払っているのです。ですから別に借りる額が少ないからといって無理な金利をふっかけているわけではないのです。とはいっても払いすぎているという場合もないわけではないのでどのくらいかかるのかは把握しておきましょう。

そしてこの金利という物は数字事態は変動しない物の借りてる時間が長いと上がっていくのです。大体が年利といって年間の金利表示になっていると思いますが借りている期間が長いと払う分が増えてしまうのです。それが利息です。利息は借りた分のお金、金利、借入期間によって変化するのです。ですので借入期間が早ければその分払う物も減るのです。

とはいっても返す返さないは個人のペースがあります。すぐ返せる人もいれば、中々返せないという人もいるのは事実です。ただ実際どれくらい金利がかかっていて利息がどれくらいなのか計算は出来ずともシミュレーションシステムを導入して返す時のシミュレーションが出来ますのでそれを活用して返済の計画を立ててみてはいかがでしょうか。一回やってみれば返す時の計画も想像しやすくなるでしょう。